‘2014/02’ カテゴリーのアーカイブ

Q:プロペシアはまとめて処方していただけますか?

2014/02/20

Q:プロペシアはまとめて処方していただけますか?

A:問題ありません。ほとんどの方が1ヶ月分(1箱)より多くの処方を求められます。中には1年分の処方を希望されることもあり、対応しております。

当院は都内でもかなり低価格なのでプロペシア処方はオススメです。

 

日比谷線広尾駅から徒歩1分、駅の出口から見えるサンクスの上にあるのが東京ロイヤルクリニックです。

AGA薄毛治療専門クリニックです。プロペシアや頭皮プラセンタ注射、HARG療法など様々な治療法をご用意し一人一人の頭髪の状態から最善の治療を提案させていただきます。

完全予約制 初診料、再診料、施術料は一切かかりません。無料カウンセリング受付中です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!メール予約承っております。

東京ロイヤルクリニック

午後4時〜午後9時までの診療となっています。

tel:03ー5420−3779

AGAの幹細胞治療に新しい光

2014/02/12

Generation of folliculogenic human epithelial stem cells from induced pluripotent stem cells.
Journal
Nature communications. 2014 Jan 28;5;3071. doi: 10.1038/ncomms4071.
Author
Ruifeng Yang, Ying Zheng, Michelle Burrows, Shujing Liu, Zhi Wei, Arben Nace, Wei Guo, Suresh Kumar, George Cotsarelis, Xiaowei Xu
Affiliation
Abstract
Epithelial stem cells (EpSCs) in the hair follicle bulge are required for hair follicle growth and cycling. The isolation and propagation of human EpSCs for tissue engineering purposes remains a challenge. Here we develop a strategy to differentiate human iPSCs (hiPSCs) into CD200(+)/ITGA6(+) EpSCs that can reconstitute the epithelial components of the hair follicle and interfollicular epidermis. The hiPSC-derived CD200(+)/ITGA6(+) cells show a similar gene expression signature as EpSCs directly isolated from human hair follicles. Human iPSC-derived CD200(+)/ITGA6(+) cells are capable of generating all hair follicle lineages including the hair shaft, and the inner and outer root sheaths in skin reconstitution assays. The regenerated hair follicles possess a KRT15(+) stem cell population and produce hair shafts expressing hair-specific keratins. These results suggest an approach for generating large numbers of human EpSCs for tissue engineering and new treatments for hair loss, wound healing and other degenerative skin disorders.

 

薄毛に悩む男性に、新たな希望の光が差し込んできた。米ペンシルベニア大学の研究グループが、マウスを使った実験で幹細胞を用いて薄毛治療に一歩近づいたことを報告した。

幹細胞を用いて欠失または死滅した毛包を再生させることは、脱毛を逆行させる方法の1つと考えられるが、研究グループによると、身体表面を覆う上皮に特異的な細胞である毛包再生幹細胞を十分な数作り出すことは、これまでできなかったという。同大学Perelman医学部准教授のXiaowei Xu氏は、「毛包の上皮成分を再生させる能力をもつ測定可能な量の上皮幹細胞が作製されたのは今回が初めてである」と述べ、この細胞は、創傷治癒、美容、毛髪再生など幅広く応用できる可能性があるとしている。

今回の研究では、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を上皮幹細胞に転換させた。これに成功したのはマウス、ヒトともに初めてだという。この上皮幹細胞を他の特定の細胞と混合してマウスに移植したところ、皮膚細胞の最外層とヒトの毛包に類似する毛包が生じたという。

ただし今回の成果は、禿頭症の治療がすぐに可能になることを意味するものではないと、Xu氏は述べている。毛包には上皮細胞のほか、皮膚乳頭と呼ばれるもう1種類の成体幹細胞が含まれている。「脱毛では両方の細胞が失われている。今回、毛包の上皮成分という一方の大きな問題を解決したが、皮膚乳頭細胞を作り出す方法を解明する必要があり、こちらはまだ誰も達成していない」と、同氏は説明している。

なお、動物で実施された研究はヒトでは成功しないことも多いと、専門家らは指摘している。この研究はオンライン科学誌「Nature Communications」に1月28日掲載されました。

ついにiPS細胞による毛包再生の第一歩が始まりました。
毛髪の移植や移植時のオペロボットが確立されつつある中で完全な毛包を再生できればAGAの解決が見えてきます。もちろんこれはあくまで毛包の一部のを作り出したのみであり、毛を生産していくような生きた毛包を作りあげためには多くのハードルが必要とされます。しかしかなり画期的な流れなので私もとても期待しております。

 

日比谷線広尾駅から徒歩1分、駅の出口から見えるサンクスの上にあるのが東京ロイヤルクリニックです。

AGA薄毛治療専門クリニックです。プロペシアや頭皮プラセンタ注射、HARG療法など様々な治療法をご用意し一人一人の頭髪の状態から最善の治療を提案させていただきます。

完全予約制 初診料、再診料、施術料は一切かかりません。無料カウンセリング受付中です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!メール予約承っております。

東京ロイヤルクリニック

午後4時〜午後9時までの診療となっています。

tel:03ー5420−3779