Q:発毛治療にとってよくない食べ物はありますか?

Q:発毛治療にとってよくない食べ物はありますか?

 

A:糖分や脂肪分、油分の多い食べ物やアルコールの取り過ぎには注意してください。

糖分や脂肪分、油分の含んだ食べ物を取り過ぎると頭皮の皮脂腺から皮脂の分泌が促進され毛穴を塞ぎ炎症を起こすことがあります。

その状態は「脂漏性皮膚炎」といって頭皮、毛穴が荒れてしまいますので発毛の妨げになる場合があります。

アルコールは少量であれば頭皮の毛細血管が拡張して血行が良くなります。毛包や毛乳頭という毛髪生産に関わる部分により多くの栄養を運ぶことができますので発毛にとっては良いことなのですが、過剰に摂取すると皮脂の分泌が促進しますし肝臓に負担がかかることも

薄毛には良くありません。

 

 

日比谷線広尾駅から徒歩1分、駅の出口から見えるサンクスの上にあるのが東京ロイヤルクリニックです。

AGA毛髪治療専門クリニックです。プロペシアや頭皮プラセンタ注射、HARG療法など様々な治療法をご用意し一人一人の頭髪の状態から最善の治療を提案させていただきます。

完全予約制 初診料、再診料、施術料は一切かかりません。無料カウンセリング受付中です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!

東京ロイヤルクリニック

午後4時〜午後9時までの診療となっています。

tel:03ー5420−3779

コメントをどうぞ