Q:薄毛=AGAなのでしょうか?

Q:薄毛で悩んでいるものです。自分はAGAではないかと思っているのですが、薄毛=AGAなのですか?

 

A:薄毛=AGAではありませんが、薄毛の80%以上はAGAであるといわれています。

長らく不明だった薄毛の原因の一つが男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であることが明らかになり『Andro-Genetic Alopecia=AGA』の概念が生まれました。日本語で言えば、男性ホルモンによる脱毛症、ということになります。

さらに研究が進み、実はほとんどの薄毛がAGAによるものである結果がでたため、薄毛=AGAのイメージができました。

おおよそAGAではありますが、AGAではない薄毛もあります。

円形脱毛症、医原性脱毛症、抜毛症、梅毒のⅡ期による脱毛、などが挙げられます。

確かに薄毛をみたらすぐにAGAと診断したくなるものなのですが、やたら髪が抜けてくる、そんな主訴で検査したら梅毒だった、、、

そんな例もマレにあります。当院でもありました。

なんにせよ抜け毛が増えた、薄毛になってきたと思ったら専門医療機関に相談することをオススメします。

 

 

コメントをどうぞ