‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

Q:AGAで悩んだ歴史的な有名人はいますか?

2013/07/08

Q:AGAで悩んだ歴史的な有名人はいますか?
A:います。ローマ帝国の英雄「ジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)」です。

彼に対する逸話はあまりに膨大で多岐にわたります。
ローマ帝国とは紀元前後のまたがって存在した歴史上全ての国の中でも10指に入るほど広大な国です。最盛期には後のイタリア、ドイツ、フランス、イギリス、エジプト、スペイン、北アフリカ、、、、等々全てを内包し、もちろんそのくらい大きい面積(アメリカや中国の約半分の面積)を持ちながら現代よりも優秀な政治なんじゃないのかと思うほどの統治を行った国です。

私なんかは塩野七生のローマ物語や関連書、そしてテルマエロマエまで読んだニワカファンに過ぎませんが。

ジュリアス・シーザーはそのローマ帝国の建国に大きな貢献をした人物で、軍人としての卓逸した戦略、内乱の時の人道的配慮、物書きの才能、周辺諸国の政治的手腕、ローマ帝国の今後の展開を予見した行動、あまりにも語ることが多過ぎます。

が、何よりここで言いたい才能は「女好き」ってところでしょう。

若い頃は皇帝に離婚を命じられたのを逆らって国を追われることになるし、戦争中の相手国での現地妻の多さ(そのせいでユリウスという姓が激増したらしい)クレオパトラとの恋愛、、、、

優秀かつ、モテる。

そんな無敵のシーザーでも勝てなかったものが、、、<font size=”5″>『AGA』</font>です。

熟年になるにつれて薄毛の進行がすすみ、シーザーも大いに悩ませられたそうです。

「女たらし」ぶりは兵士たちも十分承知しており、凱旋式(戦争に勝った際に行われるセレモニーで非常に名誉なこととされる)のときだけは主役に何を言っても許される無礼講のため

「夫たちよ、妻を隠せ。ハゲの女たらしのお通りだ!」とからかったそうです。

ちなみにシーザーは恥ずかしがって月桂冠という冠でハゲを隠したと言われています。

つまり、かのシーザーでも勝てなかったAGAに、現代の私達が正面から戦いを挑んでいるわけです!

絶対に勝ち取ってみせる、その意気込みで日々診療をおこなっています。

ローマではハゲを隠すため、炭を頭に塗って遠目に目立たないようにしていたそうです。
2千年前でも薄毛は恥ずかしいという意識があったことに驚きます。

Q:頭皮プラセンタ注射でも初期脱毛は起こりますか?

2013/07/03

Q:頭皮プラセンタ注射でも初期脱毛は起こりますか?

 

A:起こりえます。AGAとは即ち毛周期(ヘアサイクル)に異常が生じる病気です。ゆえに治療とは毛周期をいかに正常に戻してくのかの戦いになります。

「初期脱毛」とはプロペシアなどAGAの治療を始めて最初の1〜2ヶ月に抜け毛が増える場合のことをいいます。もちろん初期脱毛になる人、ならない人がいて

当院では20%くらいのかたが初期脱毛になったとおっしゃいます。

初期脱毛のメカニズムははっきりとはわかっていません。おそらく毛周期を正常に戻していく過程で弱い毛が抜けてしまうのかもしれません。

抜けた後から、丈夫な毛が生えますので安心してください、と私は説明しています。少なくとも初期脱毛して、初期で終わらずそのまま薄毛が進んでしまった例は見た事はありません。

頭皮プラセンタ注射もAGA治療として毛周期に働きかけるため初期脱毛が起こりえると思います。しかし、経験上プロペシアよりは少ないようです。

あとは注射で針に刺さった毛包は死んでしまうから、その部分が禿げるんじゃないか?と疑問に思われることもありましたが

注射で刺さった毛包の数なんて全体の割合では無視していいくらい少量ですので心配いりません。また針で刺さったくらいでは毛包は再生します(毛包は丈夫なので)ので実際のところ問題になることはありません。

学会

2013/06/17

学会に行ってきました。AGAの治療戦略について色々なクリニックが試行錯誤していますね。

フィナステリド(商品名プロペシア)の有用性には疑いはありません、一卵性双生児の薄毛の比較は面白かったですね。

私としてはバルジからの毛包原基を移植して毛髪再生する再生治療がこれからトピックになっていくんじゃないかと楽しみです。

明日は学会です。

2013/06/15

明日は第101回美容外科学会に参加します。最新のAGA治療についての知見を得るためには勉強はかかせません。

AGAは皮膚科としての面より外面、美容的な面が重要視されているため美容外科学会でも発表が多くなされているのです。特に最近は植毛ロボットの登場でまた一段と薄毛に対するアプローチが進化していっていますから非常に楽しい分野です。

Q:風邪を引いたり体調の悪いときでもプロペシアは飲み続けたようがいいですか?

2013/06/10

A:よほど体調が悪くない限り飲み続けて下さい。

基本的な風邪薬とプロペシアの併用には問題はありませんし、プロペシアが体調の悪化に影響することもありません。ただし、肺炎など入院する事態になるほどであれば服用を一旦止めておくほうが無難です。また6ヶ月以上、数年と服用を続けている場合は1週間休薬しても突然抜け毛が進行するようなことはありませんのでご安心ください。

こんにちは!

2013/06/06

長い間アメーバブログでクリニックブログを更新していましたが、HPリニューアルに伴い、こちらにブログを移しました。

毛髪治療、AGA治療の診療の日々や発毛とはどういうことなのかということをテーマに書いていきたいと思います。

皆様からの質問にもお答えします。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。